Wifiスポットにも危険が潜んでいる?

近年のスマホの急速な普及に伴い、街中でも無料で使えるWifiスポットが増えてきています。 しかし、急速に普及したが故に、その危険性について認知をしておらず、ウィルス対策もきちんとできていない人が世の中には多くいます。

そこでスマホをWifiスポットで利用する際の注意点とウィルス対策について紹介をします。

まず、スマホを街中で無線接続する場合、無料だからといって知らないWifiスポットに接続をするのは大変危険です。

悪意を持った誰かがフリーで無線LANを飛ばし、その無線LANに接続したスマホの個人情報を読み取っているかもしれないからです。 そこで自分のSNSにログインをしようものなら、簡単にIDとパスワードを乗っ取られ、なしすましの被害にあってしまうかもしれません。 もしもクレジットカードの情報が登録しているなら、カード情報を盗み見られるかもしれません。

また、簡単にWifiハッキングをしたり、ウィルスを送り込んだりすることのできるアプリがあるということも知っておかなければなりません。

これらに対する具体的な対応策を挙げますと、 まずは、自分の知らない、特にパスワードを求められずに接続できるWifiスポットにはむやみに接続をしないことです。 どうしても急用で接続しなければならない場合は、SNSや個人的なメールのやり取りは回避し、万が一他人に覗かれても支障のない、簡単なウェブ検索程度にとどめておきましょう。

そしてウィルス対策として、アンチウイルスソフトをスマホに導入しておくと良いでしょう。 そうすれば、無線LAN経由でウィルスに感染してしまった場合でも、すぐにウィルスを発見することができ、被害を防げる確率が高まります。

アンチウイルスソフトは有料・無料のものをあわせて多くの種類がありますが、信頼できるメーカーのもので、自分のスマホに合ったものを選ぶと良いでしょう。

スマホは便利なものですが、よく理解しないまま使っていると危険となる場合もあります。 正しい知識を持って、上手に利用したいですね。