スマホにも危険がウィルス対策を

モバイル端末が急速に普及する中、パソコンと同じようにスマートフォンもウィルスに狙われるようになっていますので、ウィルス対策を施し万全の環境を作ることが大切です。

スマホにはiosを採用したものとアンドロイドを採用したものがありますが、現在ではアンドロイドが圧倒的なシェアを誇っています。

アンドロイドが人気の理由は自由度の高さにありますが、好きなようにアプリをダウンロードすることができるため、思い思いのスマホにすることが可能です。またアンドロイドはOS自体の自由度が高く、発売元によって内容が異なることがあります。

自由度の高さがアンドロイドの人気を高める理由となっていますが、逆に自由度の高さが危険な環境を産んでいるのです。ウィルスの多くは何らかのアクションによって侵入しますので、何もしなければ感染する確率が低いという特徴があります。

しかしアンドロイドを搭載するスマホは自由にアプリをダウンロードできることから、アプリに同梱されて知らないうちに感染してしまうケースが多くなっているのです。

ウィルス対策を行うには、ウィルス対策ソフトを導入することで可能となりますが、ウィルスは常に進化して新しいものが次から次へと生まれているのです。ですからスマホのウィルス対策を行うには、ウィルスが感染してしまう仕組みを知ることからはじめる必要があります。

スマホのウィルス対策ソフトを導入しても、ウィルスの基本がわからなければいつまでたっても感染源から逃れることはできないのです。

現在のスマホに多く採用されているOSはアンドロイドですが、アンドロイドにはオープンなOSと言う最大の特徴が備わっています。

OSの配布元以外にも自由に変更していくことが可能ですから、セキュリティ対策も同じ方法では行えないと言う問題点があります。

iosと呼ばれるOSは配布元が厳重に管理していることで手を加えることができないようになっています。ですから全てが同じ内容のOSとなるため、セキュリティ対策が行いやすくなっているのです。

アンドロイドはアプリを常時起動し続けてしまうと言う特徴を持っており、さらに所有者が常駐管理できない構造となっているため、セキュリティ対策が難しいと言う欠点があるのです。

簡単にいえば管理者権限を持つことができないため、アプリが勝手に通信していまうことを管理することができないと言えます。ですから効果の高いウィルス対策を行う必要があるのです。

更新・お知らせ

注目サイト

売れるホームページ製作 | ドコドア株式会社

ホームページはただ製作して終わりではなく、会社・ショップの顔です。売れるホームページにしませんか。

MDMの基本機能はファイル管理・配布機能の統合されている

ファイル管理(MCM)を基本機能として、大容量のデータ転送・資料閲覧など業務に必要なドキュメントなどが楽に使えます

手作りごはん食材や犬の事を考えた商品販売!

犬は家族の一員と考えたお店の商品開発・販売をしているお店なんです

無線機の買取は諦めずにご相談下さい

壊れていても買取れる機種もございます!